2017年12月06日

子供の成長期に必要な栄養補給と食事

子供の成長期に必要な主な栄養と言えば、
カルシウム、マグネシウム、タンパク質、
ビタミンやミネラルです。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも、
成長期には重要です。

ビタミンB群は体に取り込んだ栄養素を、
エネルギーに替えるために重要な役割があります。

体を作るための栄養素を合わせて、
成長期において成長ホルモンの分泌も大事で、
その成長ホルモンの分泌を促すには、
睡眠、適度な運動も必要ですが、
成長ホルモンの元であるたんぱく質の合成や生成、
分泌を助ける酵素を活性化する亜鉛や、
アルギニン含む食べ物や栄養補給が、
子供の成長を助けます。

成長期に必要な栄養補給すべきもの



@カルシウム
骨を作る主な要素の一つ。
成長期にカルシウム不足になると成長が抑制されてしまいます。
カルシウムを多く吸収させるにはマグネシウムが多く含まれている食品、豆類を摂取すると吸収されやすいです。特に大豆類はおすすめ。
また吸収力をアップさせるサポートをしてくれるのはビタミンDやマグネシウムの栄養素を含む食材です。

【食事例】
乳製品、特に牛乳やチーズ。
プロセスチーズにはマグネシウムも多く含まれています。

Aタンパク質
体の組織、ホルモン、
エネルギーの元になるものとして重要です。
筋肉を作るにもタンパク質は必須。

【食事例】
アルギニンも多く含む大豆、
きな粉や高野豆腐。
鶏肉、魚類。

アルギニンは成長期にぜひとも摂取しておきたい栄養素です。
成長ホルモンの分泌を促す効果が期待できるので、
身長を伸ばしたいお子さんには積極的に献立に入れたい食材。

Bビタミン類
ビタミンにはたくさんの種類がありますが、
その中でもビタミンDはカルシウムの吸収を助け、
ビタミンB1やB2はアミノ酸の代謝に不可欠な栄養素です。

【食事例】
魚や緑黄色野菜。
ビタミンDは、
キノコ類や魚類のあじやイワシに多い。
ビタミンB1の摂取はブロッコリーがおすすめ。

Cミネラル
ミネラルは一般的には無機質と呼ばれ、
マグネシウム、亜鉛や鉄分、
カルシウムもそうです。

マグネシウムは骨を作るカルシウムの吸収を助けるのに欠かせないもの、
亜鉛はタンパク質の合成に必要な酵素のを作る元となり、
鉄分は血液の生成に必要です。

体の基礎を作るタンパク質や筋肉の元となるため、
ミネラルは成長期に必要不可欠な栄養素の一つです。

【食事例】
亜鉛が多い牛肉、
鉄分を含む鶏レバー、
マグネシウムはドライバナナやほうれん草

D鉄分
体が大きくなっていくと、やはり血液も必要になります。
鉄は血液を作るには、大事な栄養素。
鉄分不足で、成長期に貧血になってしまう子供も最近では多いです。

【食事例】
鶏レバー、ホウレンソウ、
枝豆、あじ
など。

と成長期の子供の食事の中に取り入れたい栄養素はたくさんあって、
どれも大きく育つための必要なんですよね。

だけどこういった食材を使った献立は、
なかなか毎日できるものでもありませんし、
子供によっては好き嫌いがあり大変ですよね。

子供の成長期に必要な栄養補給として、
できるだけ多くの食材で摂取したい栄養素ですが、
1日に食べられる量にも限りがあるので、
普段の食事で補えない栄養素を補う、
栄養補助飲料などのサプリメントの活用もおすすめです。

実際、成長期の子供に必要な栄養補給はこれだけ必要なんです。

子供の栄養バランス.png

図を見てもらえればわかりますが、
1日に必要な栄養素をしっかり摂取するためには、
結構な量を食べなければなりませんし、
毎日となれば難しいです。

特に野菜などにはビタミンが豊富なので、
成長期の食事には出来るだけ毎日食べたい食材ですし、
そのほかにも体の元となる、
タンパク質や炭水化物も摂取しなくてはいけないですから、
正直、好き嫌いなどもなり、栄養の偏りも気にしていると、
なかなか献立も上手に組み合わせができないです。

子供の成長期の食事が大事なのはわかっていますが、
バランスよくちゃんとした栄養が十分摂取できているか、
不安になるときもあります。

また子供によっては、食が細いタイプの子もいて、
たくさん食べてほしいと思っても、なかなか量が増えない。
好きなものしか食べてくれない。と、
子供の食事は悩ましいものです。

結構それはそれで不安になったり、大きくなってくれるのか不安になることもあります。

それに朝ごはんを食べない子供も最近は多いらしいですが、成長期の食事はしっかりと毎日3食、きちんと食べる事も大事です。

お昼の給食などのお昼と夕食では、1日に必要な栄養も十分にとれません。

そんな子供の成長期に必要な栄養補給として、
不足した栄養素を補える、
おすすめの栄養補助飲料があります。

毎日の食事では補えない栄養素を、
牛乳に混ぜて、コップ1杯で、
成長期の子供の栄養補給ができる、
飲みやすいタイプも多く出ています。

例えばこちらアスミールという栄養補助飲料。





栄養補助飲料【アスミール】
このアスミールはコップ1杯で1日に成長期に必要な栄養補給の約80%を補えるのです。

アルギニン、マグネシウム、亜鉛はもちろん、
カルシウムも3種類たっぷり配合されていますし、
ビタミン類も豊富に入っています。

ココア味で飲みやすく、牛乳きらいの子供にも人気です。

それに成長期に必要な栄養補給だけでなく、
記憶力や学習能力をサポートすると言われる、
青魚に多く含まれるDHAも入っています。

また身長を伸ばすために成長ホルモンの分泌を促す効果のあるアルギニンも配合されているので、低身長で悩んでいたり、スポーツを頑張っている子供たちにもおすすめです。

子供の体が大きくなっていく成長期の時期の食事は、
すごく大事です。

と同時に、
しっかりと体を動かしたり、
ゴールデンタイムと言われている
夜10時から夜中2時の間は、
成長ホルモンが多く分泌されると言われているので、
その時間はしっかり睡眠をとるといったことも、
重ねてやっていくといいと思います。

子供の成長期は運動や睡眠をしっかり行って、
必要な栄養補給をしながら栄養バランスを整えつつ、
上手にサプリメントや栄養補助飲料を活用しながら
子供の成長を見守って応援していきたいものです。

☆子供の成長期に必要な栄養補給を考えた食事例はこちら。

☆子供の成長期におすすめ栄養飲料はこちら。

☆アルギニンを含む食べ物トップページ続きを読む
posted by アルギニン食べ物 at 22:23 | 成長期の子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月08日

成長期の子供の栄養バランスを考えた食事

成長期の子供におすすめの食事



子供には、好き嫌いせず、野菜でもなんでも食べさせていこうと、
小さい頃から食事を工夫してきたつもりです。

それに成長期の子供だからこそ、
栄養バランスを考えた食事にしてあげたい。

食事の料理

ですが、やっぱり体質などもあり、
口に合わないものって出てくるんですよね。

食が細く、あまり食べないとなると、
好きな食事なら食べてくれるので、
つい、好みの献立ばっかりになってしまうと、
栄養が偏りがち。

骨格をしっかりさせたいと思って、
カルシウムを多く含む魚よりも、
やっぱりお肉の方が好き。

ビタミン豊富な野菜も、
栄養バランスを考えると、
摂取しなくちゃいけないのに、
なかなか食べてくれない。

成長期の子供の食事は、
色々工夫しても、
ほんと好き嫌いや体質もあって、
思ったほど食べてくれなかったり、
栄養を考えた食事を作るのも難しいですよね。

栄養バランス難しい

そんな成長期の子供にとって、
栄養バランスの良い食事を作るには、
食品の種類も多いので、それぞれの食品に含まれる栄養素の似ているものを集めて、いくつかのグループに分け、それぞれの食品群を上手に組み合わせていきます。

厚生省から示された食品群は6つですが、
最近は、わかりやすく理解しやすいという点から、何をどれだけ食べるかが分かるように1日に必要な食品の分量が示されている4つの食品群があります。

子供たちも学校の食育指導で習っているかもしれません。

1日20点が目安で、1600キロカロリーが基準です。
平均として18才から29才の女性が目安とされ、分類、分量されていますが、
成長期の子供10才〜17才くらいの食事だと、約1.5倍の量を摂取するのが目標です。
参考資料:日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに、
簡単にまとめてみました。

成長期に必要な4つの食品群


第一群…栄養を完全にする。
(良質タンパク質・脂質・ビタミンA、B1、B2・カルシウム)
◆乳・乳製品2点/目安量:牛乳コップ1杯とヨーグルト小鉢に1杯
◆卵1個


第二群…血や肉をつくる。
(良質タンパク質・脂質・カルシウム・ビタミンA、B2)
◆魚介・肉類2点/目安量:魚と肉合わせて2皿。
◆豆・豆製品1点/目安量:絹ごし豆腐1/2丁


第三群…体の調子をよくする。
(ビタミンA、C・カロテン・ミネラル・食物繊維)
◆野菜(緑黄色野菜・淡色野菜・きのこ・海藻類含む)1点。
人参、かぼちゃ、ホウレンソウなど緑黄色野菜目安量:
人参、かぼちゃ、ホウレンソウなど120g

玉ねぎ、大根、きゃべつなど淡色野菜と合わせて全部で350g
◆芋類1点/目安量:ジャガイモ1個。
◆果物1点/目安量:りんご1/2個


第四群…体や体温となる。
(炭水化物・タンパク質、脂質)
◆穀類9点/目安量:ごはん茶碗に軽く2杯
食パン1枚、ゆでうどん1玉
◆油脂1,5点/目安量 大さじ1強
砂糖0,5点/目安量 大さじ1強


栄養バランス

炭水化物や脂質、タンパク質は主に熱や体の元です。
脂質、タンパク質、ミネラル(カルシウムや鉄)は、主に体を作り、カルシウムや鉄は骨組織や血液を作ります。
ミネラル、ビタミンは体の調子を整え、他の栄養素の働きを助けます。

4つに分けたグループとそれぞれの栄養バランスを考えた成長期の食事献立例


朝食
ベーグル、スクランブルエッグ、
野菜サラダ(レタスやブロッコリー、コーン入り)
リンゴ1/2個
牛乳
430004.png

昼食
ご飯(白米)
まぐろステーキ、キャベツトマト添え
味噌汁(玉ねぎ、しめじ、わかめ、油揚げ)
栄養バランス昼食


夕食
ご飯(白米)
鶏肉とじゃがいものの煮物
(鶏肉もも、じゃがいも、玉ねぎ、人参、さやいんげん)
オクラ梅肉和え
(オクラ、大根、梅干し)
煮物.png


ここで紹介した食事例は一部で、
成長期の子供、本来1日に必要な食事摂取量なので、きちんとバランスよく食事することを心がけることは大切ですが、これだけの食材を上手に工夫し、毎日の献立に取り入れるのは、そう簡単じゃありませんね。

野菜がダメ、お魚苦手といった好き嫌いの多いお子さんだと、
どれかが不足しがちになってしまいます。

それに、成長期だからこそ摂取したいミネラルやビタミンは普段の食事で不足しがちな成分であり、一定の基準量を満たす必要があるのです。

成長期の子供に対して1日に必要な栄養成分、ビタミンやミネラルが不足しがちな場合、その補給できる栄養機能食品というのがあります。

食品を安全に摂取し、合理的に食品を選ぶために必要とされ販売する食品で、普段の食事で補えない栄養素を
サプリメントで補う方法もその一つ。
おすすめ
成長期の子供にサプリメントって大丈夫?って不安になる方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラルだけでなく、子供の成長に大事な成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるアルギニンやカルシウムもバランスよく配合されています。
◎アルギニンを含む食べ物ってなに?

普段の食事ではなかなかバランスよく摂取出来ない栄養素がたっぷり。

それに加え、成長ホルモンの元であるタンパク質の合成を助ける亜鉛も入っていて、
成長期の子供にとって必要な1日分の栄養素が、
たった1杯で約80%補えるのです。

不足しがちな栄養素もバランスよく摂取できるので、
毎日の食事とともに、栄養を補う食品の一つとしておすすめです!

◆子供の栄養バランスを考えたドリンク【アスミール】

◎アルギニン食べ物トップページへ
posted by アルギニン食べ物 at 11:30 | 成長期の子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする