2017年05月15日

アルギニンを多く含む食べ物とは?

アルギニンは、体内で合成できる非必須アミノ酸の一つで、
タンパク質を構成する成分であるとともに、さまざまな食品に含まれ、
栄養学的にも重要な物質です。


あまり聞きなれない物質ですが、
血液の正常な機能や免疫力をアップさせ、サポートする役割を持っていて、
アンモニアの生内解毒を助けたり、コラーゲンの生成促進させます。

他にもアルギニンは、
子供の成長期には欠かせない物質で、成長ホルモンの分泌を促してくれて、
成長期の子供の身長を伸ばす効果が期待できるといわれています。

アルギニンを含む食品、食べ物を普段の食生活の中で取り入れることは、
成長期の子供のためにも、また子供の栄養面においてもいいことなのです。


アルギニンを含む子供達の食事

最近では小さい頃からスポーツする子供たちも増え、
学校の部活動も盛んになってきました。

どんなスポーツの競技をやってる子供を持ってる親としても、
栄養をしっかり摂って、筋肉をつけ、
身長を伸ばしてあげたいって思いますし、

スポーツをやっていなくても、
すくすくと健康的に育って大きくなってほしいと願っています。

子供の成長


かといって、成長期の子供に必要なアルギニンを含む食べ物って、
どんな食材があるのかわかりませんよね。

そこで一般的によく食卓に並ぶ食材の中から、
アルギニンが特に多く含まれる食べ物をまとめてみました。
(いずれも100gあたりの含有量です)



アルギニンを多く含む食べ物一覧表

◆豆類
大豆たんぱく塩分無調整タイプ(豆乳)
6700r
高野豆腐4300r
バターピーナッツ3200r
落花生(乾・大粒種)3200r
きな粉(青大豆)3000r
大豆黒大豆3000r
いりごま2900r
アーモンドフライ味付け2200r













◆料理例

・豆乳鍋(アルギニンがかなり多く含まれる無調整タイプの豆乳を使う)

・食パンにピーナッツバターを塗る。

・きな粉もち。

・野菜を使っていりごま入り和え物。

・高野豆腐の卵とじ



魚介類・エビ類
かつお節(加工品)4300r
かたくちいわし煮干し3600r
大正えび2100r
まいわし1900r
紅鮭焼き1400r


◆料理例

・お味噌汁のお出汁にかつお節と煮干しを使う。

・大正エビフライ

・いわし煮つけ

・鮭のホイル焼き


◆肉類

鶏肉むね肉皮なし焼き
2500r
鶏肉もも皮つき焼き2100r


◆料理例

・鶏肉の照り焼き

・鶏肉の串焼き

・鶏肉ソテー



そのほかのアルギニンを含む食べ物

 油揚げ焼き 2100r
 湯葉 1800r
 アーモンド乾 2200r
 ゴマ練 2900r
 ピスタチオ 1700r
 焼き海苔 2300r
 味付け海苔 2300r
 魚介類まあじ 
1000r
 まあじ小型骨付きからあげ
1400r
 サバ焼き 1400



さんま皮つき焼き1500r
伊勢海老2100r
ブラックタイガー生1700r
加工品するめ4700r
牛肉モモ焼き
1800r
豚肩ロースゆで1700r
豚もも焼き
2000r
豚ひき肉焼き1700r
鶏肉もも皮なし焼き1700r
もも皮つきから揚げ1500r


ナチュラルチーズパルメザン(粉末状)
1800r
抹茶(粉末、カフェイン3.2g)1900r
ピュアココア
(カフェイン0.2g・ポリフェノール4.1g)
1100r
脱脂粉乳1100r



アルギニンを含む食べ物まとめ

アルギニンを含む食べ物では、
豆類、魚介類、エビ、かつお節や高野豆腐が多いですが、

子供にとって、
豆類、大豆とかゴマ、落花生、ってなかなか食べないですし、
高野豆腐や豆乳は、かなり多くアルギニンが入っている食べ物ですが、
好き嫌いあります。

ですが、
料理の仕方によって、子供にとって食べやすくすることができます。

豆乳はホットケーキの牛乳代わりに使うといいです。
意外に味は変わりません。

高野豆腐は湯で戻しておいて、
豚肉を巻いて焼き肉風にして焼いて食べるとおいしいです。

あと、肉類では鶏肉の方がアルギニンが多い食べ物になります。
むね肉だとチキン南蛮、もも肉はから揚げなどもおすすめ。

野菜にはそれほど多くアルギニンが含まれていないのは意外ですよね。

ただアルギニンを含む食べ物を積極的に取り入れるだけでは、
子供の身長を伸ばす効果としては不十分です。

成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは、
ビタミンB6とシトルリンというアミノ酸と一緒に摂取するとより効率よく吸収されます。

アルギニンを含む食べ物だけじゃなく、
栄養バランスも必要です。

アルギニンの1日の摂取量の目安としては、
成長期の子供ならば4g程度。

あまり意識しすぎてアルギニンを含む食べ物ばかり、
過度に摂りすぎるのもよくないです。

子供の栄養面も考えると、
ビタミンやカルシウム、鉄分、亜鉛、タンパク質などの栄養素も必要ですので、
バランスも考えて、毎日の食事に取り入れていくことが大事です。

かといって普段の食生活で十分補えない栄養素もありますし、
いくら調理を工夫しても、好き嫌いがあったり、
なかなかバランスよく献立をたてるのも苦労しますよね。

おすすめポイント


そんな成長期の子供の栄養バランスを補うためにも、
子供でも安心して飲めるアルギニン入りサプリメントを、
栄養補助食品として取り入れることは効果的です。

ましてやアルギニンだけでなく、
成長期の子供に大切な栄養素は、
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分が必要です。

上記で紹介したアルギニンを含む食べ物は、
いずれも、100gあたりの含有量なので、
食材によっては、
少量しか食べられないもの、
パルメザンチーズも、100gも食べられないし、
抹茶やココアも1日何杯も飲まないと、
1000r以上のアルギニンを摂取したことにはなりません。
なかなかそれだけの量を食べることは難しいものです。

そこで栄養補助飲料アスミール1日1杯飲むだけで、
子供に必要な栄養素の1日分の80%を補うことができます。

ココア味のアスミールは牛乳に混ぜて飲むだけの簡単ドリンクで、
アルギニンだけでなく、鉄分、亜鉛、ビタミンも一緒に摂れるのです。

子供の成長と栄養バランスを考えると、
アルギニンサプリメントのアスミールは、
普段の食事で摂り切れない成長期の子供の栄養素の不足分を補えるので、
おすすめ栄養ドリンクです。





◎アルギニンを含む食べ物一覧表
参考:日本食品標準成分表2015年版(七訂)アミノ酸成分表
(いずれも可食部100gあたりに含まれる推定量です)
posted by アルギニン食べ物 at 18:17 | アルギニンを含む食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

アルギニンを含む食べ物〜成長期の子供が食べやすい食材

アルギニンはアミノ酸の一つで、
成長ホルモンの分泌を促してくれる効果が期待できるので、
成長期の子供にとって必要不可欠な物質です。

身長を伸ばしてやりたいと願うならば、
アルギニンを含む食べ物を積極的に取り入れていくことをおすすめします。

アルギニンを含む食べ物の中のアルギニンの量が多いとされているのは、
多いもので6700r〜およそ2500rくらいです。

だけどそれも限られた食べ物で、
好き嫌いやそればっかりの献立っていうわけにもいきません。

そこでアルギニンを含む量が1000r〜800r含まれている食べ物を調べてみると、
比較的子供でも食べやすい食材が多く、
上手に献立を考えバランスよく摂取することで、
毎日アルギニンを体内に取り入れることができると思います。


アルギニンを含む食べ物
〜成長期の子供が食べやすい食材まとめ


パン類
ライ麦 320mg
フランスパン  330mg




☆献立アドバイス☆
朝食がパン派ならばライ麦パンがおすすめ!
フランスパンもシチューなどの夕飯の時に、
ごはん替わりに食べるといいかもしれません。



麺類
うどんやラーメン類は乾麺そのままだと、
350g〜210gほどアルギニンは含まれていますが、
ゆでると110g〜180gと半分になってしまいます。

その点そばは、生めんに520g含まれていて、
ゆでると250gと半分になるけど、
うどんやラーメンよりは、
アルギニンが多く含まれている食べ物となります。



豆腐&豆類
木綿豆腐560mg
絹ごし豆腐420mg
油揚げ(焼き)
油揚げ(ゆで)
2100mg
1100mg
納豆950mg

☆献立アドバイス☆
ほとんど調理しなくても済むお豆腐ならば、
簡単に食卓に出すことができますよね。
お鍋にももちろん、冷奴やマーボー豆腐も子供が好きな献立です。

お味噌汁に、お豆腐と油揚げ一緒に入れてもいいですし、
毎朝納豆も朝食で摂取すればそれだけで十分です。

油揚げにはたくさんアルギニンが含まれている食べ物なので、
油抜きして煮物やいなりずしもおすすめ。



野菜類はアルギニンがあまり含まれていない食材が多いです。

例えば、アスパラ油いため→130mg
キャベツ生→68mg
キャベツ炒め→82mg
大根20mg

とアルギニン含有量は少ないです。

そんな野菜類の中でも多いのはこちら。

枝豆(ゆで)830mg
ブロッコリー(ゆで)210mg
パセリ200mg

☆献立アドバイス☆
枝豆やブロッコリーはお弁当にも入れていけます。
サラダにもおすすめ。
パセリは苦味がありますが、
刻むとシチューやグラタンなど上にのせたりできます。

アルギニンを多く含む枝豆は、小さいお子さんなら、
面倒だけど一つ一つ取り出して、
かわいい楊枝などに突き刺しておけば見た目からでも、
食べやすいです。



魚やエビ類

あじ開き干し
1500mg
しらす850mg
かつお缶フレーク油漬け1000mg
サバフライ
塩さば
1100mg
1500mg
さんま皮つき焼き
1500mg
ししゃも1500mg
ぶり焼き1500mg
ブラックタイガー1700mg
するめ4700mg

☆献立アドバス☆
しらすはご飯の上にのせてしらす丼がおすすめ。
缶フレークは1000gとアルギニンが多いので、
サンドイッチやおむすびの具材として使うといいかもしれません。

ブラックタイガーのエビフライは子供はきっと大好物。
またするめはアルギニンが多く含まれている食材。
お酒のおつまみのイメージがありますが、
煮るとやわらくなるので、
つくだ煮みたいにしてご飯のお供におすすめ。


肉類
牛肉ひき肉焼き1700mg
豚ロースとんかつ1400mg
豚ヒレ焼き
豚ヒレとんかつ
2500mg
1500mg

☆献立アドバイス☆
牛肉ひき肉焼きということはハンバーグ、そぼろ丼など、
食べやすく子供が好きな献立ベスト10のメニューですよね。

また成長期の子供は揚げ物がすき。
豚ロースのとんかつやカツ丼、
豚ヒレ焼きはバター焼きソテーなどがおすすめ。

肉類加工品
ウィンナーソーセージ850mg
フランクフルト810mg
ボロニアソーセージ820mg

☆献立アドバイス☆
ソーセージは子供の大好物ですよね。
炒めてもよし、ポトフやおでんにいれてもよし。
ボロニアソーセージは炒めてマフィンに挟んで食べるとおいしいですよ。

フランクフルトはウィンナーにホットケーキの元を付けて揚げると手作りできます。
ちなみにホットケーキの粉にはアルギニンが320mg含まれてる食材の一つ。


乳製品

子供の身長を伸ばすなら牛乳を飲みなさい!とよく耳にしますが、
カルシウムは多く含まれていますが、
アルギニンを含む食材、食べ物の中でもかなり少なく110mgです。
ヨーグルトも無脂肪無糖で150mgです。

チーズの方がアルギニンが多く含まれていて、
カマンベール680mg
パルメザン粉末
1800mg
プロセスチーズ820mg

となってます。

☆献立アドバイス☆
パルメザン粉末はスパゲティーにかけたり、
グラタンの上に振りかけて焼くとパリパリこんがりで美味しいです。
カマンベールやプロセスチーズはおやつとしてもおすすめ。



アルギニンを含む食べ物の多くは、
子供にはあんまりなじみのない食材も多いです。

食材を少なくし、アルギニン含有量の多いものを食べるのも、
それはそれでいいのですが、
ある程度の量を含んだ食べ物でも、
こうやって成長期の子供の栄養がバランスよく摂取できる食材があります。

上手に普段の食事で工夫しながら、献立を考えるといいでしょう。

ただアルギニンだけを摂取すれば身長が伸びるというわけでないので、
しっかりとした睡眠や栄養の偏りがないようにしないといけません。

また最近ではアルギニンサプリメントも人気です。

ここで紹介したアルギニンをある程度含んだ食べ物や食材を摂取しながら、
足りない分を補う子供用の栄養補助ドリンクもあります。

普段の食事と同時に、
サプリメントや栄養ドリンクを併用することで、
よりアルギニンを摂取できますし、
子供の成長や身長を伸ばす効果が期待できます。


posted by アルギニン食べ物 at 18:57 | アルギニンを含む食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする