2017年09月19日

子供の成長期に必要な栄養補給と食事

子供の成長期に必要な主な栄養と言えば、
カルシウム、マグネシウム、タンパク質、
ビタミンやミネラルです。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも、
成長期には重要です。

ビタミンB群は体に取り込んだ栄養素を、
エネルギーに替えるために重要な役割があります。

また成長期において成長ホルモンの分泌も大事で、
その成長ホルモンの分泌を促すには、
睡眠、適度な運動も必要ですが、
成長ホルモンの元であるたんぱく質の合成や生成、
分泌を助ける酵素を活性化する亜鉛や、
アルギニン含む食べ物や栄養補給が、
子供の成長を助けます。

成長期に必要な栄養補給すべきもの



@カルシウム
骨を作る主な要素の一つ。
成長期にカルシウム不足になると成長が抑制されてしまいます。
カルシウムを多く吸収させるにはマグネシウムが多く含まれている食品、豆類を摂取すると吸収されやすいです。特に大豆類はおすすめ。

【食事例】
乳製品、特に牛乳やチーズ。
プロセスチーズにはマグネシウムも多く含まれています。

Aタンパク質
体の組織、ホルモン、
エネルギーの元になるものとして重要です。
筋肉を作るにもタンパク質は必須。

【食事例】
アルギニンも多く含む大豆、
きな粉や高野豆腐。
鶏肉、魚類。

Bビタミン類
ビタミンにはたくさんの種類がありますが、
その中でもビタミンDはカルシウムの吸収を助け、
ビタミンB1やB2はアミノ酸の代謝に不可欠なもの。

【食事例】
魚や緑黄色野菜。
ビタミンDは、
キノコ類や魚類のあじやイワシに多い。

Cミネラル
ミネラルは一般的には無機質と呼ばれ、
マグネシウム、亜鉛や鉄分、
カルシウムもそうです。

マグネシウムは骨を作るのに欠かせないもの、
亜鉛はタンパク質の合成に必要な酵素のを作る元となり、
鉄分は血液の生成に必要です。

【食事例】
亜鉛が多い牛肉、
鉄分を含む鶏レバー、
マグネシウムはドライバナナやほうれん草

D鉄分
体が大きくなっていくと、やはり血液も必要になります。
鉄は血液を作るには、大事な栄養素。
鉄分不足で、成長期に貧血になってしまう子供も最近では多いです。

【食事例】
鶏レバー、ホウレンソウ、
枝豆、あじ
など。

それでも、
他にも成長期の子供に必要な栄養補給は必要なんです。

子供の栄養バランス.png

と結構な量の食事を摂取しなければなりません。

特に野菜などにはビタミンが豊富なので、
成長期の食事には出来るだけ毎日食べたい食材ですが、
正直、好き嫌いなどもあったりして、
なかなか献立も上手に組み合わせができないです。

子供の成長期の食事が大事なのはわかっていますが、
バランスよくちゃんとした栄養が十分摂取できているか、
不安になるときもあります。

また子供によっては、食が細いタイプの子もいて、
たくさん食べてほしいと思っても、なかなか量が増えない。

結構それはそれで不安になったり、大きくなってくれるのか不安になることもあります。

それに朝ごはんを食べない子供も最近は多いらしいですが、成長期の食事はしっかりと毎日3食、きちんと食べる事も大事です。

お昼の給食などのお昼と夕食では、1日に必要な栄養もとれません。

そんな子供の成長期に必要な栄養補給として、
不足した栄養素を補える、
サプリメントや栄養飲料もあります。

最近では、
牛乳に混ぜて、コップ1杯で、
成長期の子供の栄養補給ができる、
飲みやすいタイプも多く出ています。

普段の食事でも栄養バランスを整えつつ、
上手にサプリメントや栄養補給も活用するのも、
子供の成長を見守って応援していきたいものです。

☆子供の成長期に必要な栄養補給を考えた食事例はこちら。

☆子供の成長期におすすめ栄養飲料はこちら。

☆アルギニンを含む食べ物トップページ


続きを読む
posted by アルギニン食べ物 at 22:30 | 成長期の子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月08日

成長期の子供の栄養バランスを考えた食事

成長期の子供におすすめの食事



子供には、好き嫌いせず、野菜でもなんでも食べさせていこうと、
小さい頃から食事を工夫してきたつもりです。

それに成長期の子供だからこそ、
栄養バランスを考えた食事にしてあげたい。

食事の料理

ですが、やっぱり体質などもあり、
口に合わないものって出てくるんですよね。

食が細く、あまり食べないとなると、
好きな食事なら食べてくれるので、
つい、好みの献立ばっかりになってしまうと、
栄養が偏りがち。

骨格をしっかりさせたいと思って、
カルシウムを多く含む魚よりも、
やっぱりお肉の方が好き。

ビタミン豊富な野菜も、
栄養バランスを考えると、
摂取しなくちゃいけないのに、
なかなか食べてくれない。

成長期の子供の食事は、
色々工夫しても、
ほんと好き嫌いや体質もあって、
思ったほど食べてくれなかったり、
栄養を考えた食事を作るのも難しいですよね。

栄養バランス難しい

そんな成長期の子供にとって、
栄養バランスの良い食事を作るには、
食品の種類も多いので、それぞれの食品に含まれる栄養素の似ているものを集めて、いくつかのグループに分け、それぞれの食品群を上手に組み合わせていきます。

厚生省から示された食品群は6つですが、
最近は、わかりやすく理解しやすいという点から、何をどれだけ食べるかが分かるように1日に必要な食品の分量が示されている4つの食品群があります。

子供たちも学校の食育指導で習っているかもしれません。

1日20点が目安で、1600キロカロリーが基準です。
平均として18才から29才の女性が目安とされ、分類、分量されていますが、
成長期の子供10才〜17才くらいの食事だと、約1.5倍の量を摂取するのが目標です。
参考資料:日本食品標準成分表2015年版(七訂)をもとに、
簡単にまとめてみました。

成長期に必要な4つの食品群


第一群…栄養を完全にする。
(良質タンパク質・脂質・ビタミンA、B1、B2・カルシウム)
◆乳・乳製品2点/目安量:牛乳コップ1杯とヨーグルト小鉢に1杯
◆卵1個


第二群…血や肉をつくる。
(良質タンパク質・脂質・カルシウム・ビタミンA、B2)
◆魚介・肉類2点/目安量:魚と肉合わせて2皿。
◆豆・豆製品1点/目安量:絹ごし豆腐1/2丁


第三群…体の調子をよくする。
(ビタミンA、C・カロテン・ミネラル・食物繊維)
◆野菜(緑黄色野菜・淡色野菜・きのこ・海藻類含む)1点。
人参、かぼちゃ、ホウレンソウなど緑黄色野菜目安量:
人参、かぼちゃ、ホウレンソウなど120g

玉ねぎ、大根、きゃべつなど淡色野菜と合わせて全部で350g
◆芋類1点/目安量:ジャガイモ1個。
◆果物1点/目安量:りんご1/2個


第四群…体や体温となる。
(炭水化物・タンパク質、脂質)
◆穀類9点/目安量:ごはん茶碗に軽く2杯
食パン1枚、ゆでうどん1玉
◆油脂1,5点/目安量 大さじ1強
砂糖0,5点/目安量 大さじ1強


栄養バランス

炭水化物や脂質、タンパク質は主に熱や体の元です。
脂質、タンパク質、ミネラル(カルシウムや鉄)は、主に体を作り、カルシウムや鉄は骨組織や血液を作ります。
ミネラル、ビタミンは体の調子を整え、他の栄養素の働きを助けます。

4つに分けたグループとそれぞれの栄養バランスを考えた成長期の食事献立例


朝食
ベーグル、スクランブルエッグ、
野菜サラダ(レタスやブロッコリー、コーン入り)
リンゴ1/2個
牛乳
430004.png

昼食
ご飯(白米)
まぐろステーキ、キャベツトマト添え
味噌汁(玉ねぎ、しめじ、わかめ、油揚げ)
栄養バランス昼食


夕食
ご飯(白米)
鶏肉とじゃがいものの煮物
(鶏肉もも、じゃがいも、玉ねぎ、人参、さやいんげん)
オクラ梅肉和え
(オクラ、大根、梅干し)
煮物.png


ここで紹介した食事例は一部で、
成長期の子供、本来1日に必要な食事摂取量なので、きちんとバランスよく食事することを心がけることは大切ですが、これだけの食材を上手に工夫し、毎日の献立に取り入れるのは、そう簡単じゃありませんね。

野菜がダメ、お魚苦手といった好き嫌いの多いお子さんだと、
どれかが不足しがちになってしまいます。

それに、成長期だからこそ摂取したいミネラルやビタミンは普段の食事で不足しがちな成分であり、一定の基準量を満たす必要があるのです。

成長期の子供に対して1日に必要な栄養成分、ビタミンやミネラルが不足しがちな場合、その補給できる栄養機能食品というのがあります。

食品を安全に摂取し、合理的に食品を選ぶために必要とされ販売する食品で、普段の食事で補えない栄養素を
サプリメントで補う方法もその一つ。
おすすめ
成長期の子供にサプリメントって大丈夫?って不安になる方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラルだけでなく、子供の成長に大事な成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるアルギニンやカルシウムもバランスよく配合されています。
◎アルギニンを含む食べ物ってなに?

普段の食事ではなかなかバランスよく摂取出来ない栄養素がたっぷり。

それに加え、成長ホルモンの元であるタンパク質の合成を助ける亜鉛も入っていて、
成長期の子供にとって必要な1日分の栄養素が、
たった1杯で約80%補えるのです。

不足しがちな栄養素もバランスよく摂取できるので、
毎日の食事とともに、栄養を補う食品の一つとしておすすめです!

◆子供の栄養バランスを考えたドリンク【アスミール】

◎アルギニン食べ物トップページへ
posted by アルギニン食べ物 at 11:30 | 成長期の子供の栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月15日

アルギニンを多く含む食べ物とは?

アルギニンは、体内で合成できる非必須アミノ酸の一つで、
タンパク質を構成する成分であるとともに、さまざまな食品に含まれ、
栄養学的にも重要な物質です。


あまり聞きなれない物質ですが、
血液の正常な機能や免疫力をアップさせ、サポートする役割を持っていて、
アンモニアの生内解毒を助けたり、コラーゲンの生成促進させます。

他にもアルギニンは、
子供の成長期には欠かせない物質で、成長ホルモンの分泌を促してくれて、
成長期の子供の身長を伸ばす効果が期待できるといわれています。

アルギニンを含む食品、食べ物を普段の食生活の中で取り入れることは、
成長期の子供のためにも、また子供の栄養面においてもいいことなのです。


アルギニンを含む子供達の食事

最近では小さい頃からスポーツする子供たちも増え、
学校の部活動も盛んになってきました。

どんなスポーツの競技をやってる子供を持ってる親としても、
栄養をしっかり摂って、筋肉をつけ、
身長を伸ばしてあげたいって思いますし、

スポーツをやっていなくても、
すくすくと健康的に育って大きくなってほしいと願っています。

子供の成長


かといって、成長期の子供に必要なアルギニンを含む食べ物って、
どんな食材があるのかわかりませんよね。

そこで一般的によく食卓に並ぶ食材の中から、
アルギニンが特に多く含まれる食べ物をまとめてみました。
(いずれも100gあたりの含有量です)



アルギニンを多く含む食べ物一覧表

◆豆類
大豆たんぱく塩分無調整タイプ(豆乳)
6700r
高野豆腐4300r
バターピーナッツ3200r
落花生(乾・大粒種)3200r
きな粉(青大豆)3000r
大豆黒大豆3000r
いりごま2900r
アーモンドフライ味付け2200r













◆料理例

・豆乳鍋(アルギニンがかなり多く含まれる無調整タイプの豆乳を使う)

・食パンにピーナッツバターを塗る。

・きな粉もち。

・野菜を使っていりごま入り和え物。

・高野豆腐の卵とじ



魚介類・エビ類
かつお節(加工品)4300r
かたくちいわし煮干し3600r
大正えび2100r
まいわし1900r
紅鮭焼き1400r


◆料理例

・お味噌汁のお出汁にかつお節と煮干しを使う。

・大正エビフライ

・いわし煮つけ

・鮭のホイル焼き


◆肉類

鶏肉むね肉皮なし焼き
2500r
鶏肉もも皮つき焼き2100r


◆料理例

・鶏肉の照り焼き

・鶏肉の串焼き

・鶏肉ソテー



そのほかのアルギニンを含む食べ物

 油揚げ焼き 2100r
 湯葉 1800r
 アーモンド乾 2200r
 ゴマ練 2900r
 ピスタチオ 1700r
 焼き海苔 2300r
 味付け海苔 2300r
 魚介類まあじ 
1000r
 まあじ小型骨付きからあげ
1400r
 サバ焼き 1400



さんま皮つき焼き1500r
伊勢海老2100r
ブラックタイガー生1700r
加工品するめ4700r
牛肉モモ焼き
1800r
豚肩ロースゆで1700r
豚もも焼き
2000r
豚ひき肉焼き1700r
鶏肉もも皮なし焼き1700r
もも皮つきから揚げ1500r


ナチュラルチーズパルメザン(粉末状)
1800r
抹茶(粉末、カフェイン3.2g)1900r
ピュアココア
(カフェイン0.2g・ポリフェノール4.1g)
1100r
脱脂粉乳1100r



アルギニンを含む食べ物まとめ

アルギニンを含む食べ物では、
豆類、魚介類、エビ、かつお節や高野豆腐が多いですが、

子供にとって、
豆類、大豆とかゴマ、落花生、ってなかなか食べないですし、
高野豆腐や豆乳は、かなり多くアルギニンが入っている食べ物ですが、
好き嫌いあります。

ですが、
料理の仕方によって、子供にとって食べやすくすることができます。

豆乳はホットケーキの牛乳代わりに使うといいです。
意外に味は変わりません。

高野豆腐は湯で戻しておいて、
豚肉を巻いて焼き肉風にして焼いて食べるとおいしいです。

あと、肉類では鶏肉の方がアルギニンが多い食べ物になります。
むね肉だとチキン南蛮、もも肉はから揚げなどもおすすめ。

野菜にはそれほど多くアルギニンが含まれていないのは意外ですよね。

ただアルギニンを含む食べ物を積極的に取り入れるだけでは、
子供の身長を伸ばす効果としては不十分です。

成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは、
ビタミンB6とシトルリンというアミノ酸と一緒に摂取するとより効率よく吸収されます。

アルギニンを含む食べ物だけじゃなく、
栄養バランスも必要です。

アルギニンの1日の摂取量の目安としては、
成長期の子供ならば4g程度。

あまり意識しすぎてアルギニンを含む食べ物ばかり、
過度に摂りすぎるのもよくないです。

子供の栄養面も考えると、
ビタミンやカルシウム、鉄分、亜鉛、タンパク質などの栄養素も必要ですので、
バランスも考えて、毎日の食事に取り入れていくことが大事です。

かといって普段の食生活で十分補えない栄養素もありますし、
いくら調理を工夫しても、好き嫌いがあったり、
なかなかバランスよく献立をたてるのも苦労しますよね。

おすすめポイント


そんな成長期の子供の栄養バランスを補うためにも、
子供でも安心して飲めるアルギニン入りサプリメントを、
栄養補助食品として取り入れることは効果的です。

ましてやアルギニンだけでなく、
成長期の子供に大切な栄養素は、
タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分が必要です。

上記で紹介したアルギニンを含む食べ物は、
いずれも、100gあたりの含有量なので、
食材によっては、
少量しか食べられないもの、
パルメザンチーズも、100gも食べられないし、
抹茶やココアも1日何杯も飲まないと、
1000r以上のアルギニンを摂取したことにはなりません。
なかなかそれだけの量を食べることは難しいものです。

そこで栄養補助飲料アスミール1日1杯飲むだけで、
子供に必要な栄養素の1日分の80%を補うことができます。

ココア味のアスミールは牛乳に混ぜて飲むだけの簡単ドリンクで、
アルギニンだけでなく、鉄分、亜鉛、ビタミンも一緒に摂れるのです。

子供の成長と栄養バランスを考えると、
アルギニンサプリメントのアスミールは、
普段の食事で摂り切れない成長期の子供の栄養素の不足分を補えるので、
おすすめ栄養ドリンクです。





◎アルギニンを含む食べ物一覧表
参考:日本食品標準成分表2015年版(七訂)アミノ酸成分表
(いずれも可食部100gあたりに含まれる推定量です)
posted by アルギニン食べ物 at 18:17 | アルギニンを含む食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月25日

アルギニンの成分と摂取量、成長ホルモンとの関係

アルギニンはアミノ酸の一種。

また成長ホルモンの分泌を促進する働きが期待できることから、
成長期の子供には欠かせない成分です。
e60838dd60d44297394c60cface29a49_s.jpg
そんなアルギニンは、
大人になれば体内で合成されますが、
子供ではまだその機能が不十分のため、
食べ物から補給することになります。

アルギニンを多く含む食べ物としては、
高野豆腐、豆乳、きな粉などがありますが、
ただその食材を積極的に摂るだけでは、
成長期の子供の身長を伸ばす効果や、
健やかな成長にはつながらないのです。


アルギニンをより吸収しやすくさせるのは、
鳥ひき肉、まぐろ、さんまの開き、ローストビーフ、
バナナ、アボガド、にんにくなど、
ビタミンB6が入った食べ物と一緒に摂取すれば、
より効率よく吸収されます。

ただし、アルギニンの1日の摂取量の目安は2〜4gで、
あまり多く摂りすぎてしまうと、
下痢を起こしたり、胃腸の働きを弱めてしまう可能性があるので、
過剰摂取には要注意です。



アルギニンと成長ホルモンとの関係

成長ホルモンは脳にある下垂体でつくられ、
@成長を促進す。
A老化や傷ついたり壊れた細胞の修復を促す
と言われています。

特にピークは10代で、その後ドンドン低下していきます。

そのために成長期にこの成長ホルモンを分泌されることで、
身長を伸ばしたり、健やかな成長が期待できます。

その成長ホルモンの分泌を促進させるのがアルギニン。
だから成長期の子供にはまだ生成しきれないアルギニンを、
普段の食事の中で取り入れることが重要です。

ただ、アルギニンの摂取だけでなく、

・ストレスをためない
・十分な栄養と良い睡眠
・過度の運動

といったことも
成長ホルモンを分泌させる要素でもあります。

なかなかアルギニンを含む食べ物を主に摂取するのも難しいですが、
最近では子供のための栄養補助飲料がたくさん出回っています。

その中でもアルギニンを多く含み、
1日1杯で成長期の子供が必要な栄養素の約8割を補える飲料、
アスミールは人気です。

アルギニンをより吸収しやすくしてくれるビタミンB6や、
亜鉛、カルシウム、鉄分なども含まれているので、
たった1杯でこれだけの栄養素が摂れるのはママとしても嬉しいです。

普段の食事でなかなか補えないアルギニン。
過剰摂取も気になりますし、
成長期の子供にも大切なものなので、
ちゃんと補ってあげたいですもんね。

それから成長ホルモンは睡眠時に分泌が活発になりますので、
寝る前の1杯や、
アルギニンの吸収は運動の前後が効率がいいので、
スポーツをしているお子さんにはもってこいです。
201899.png
毎日の食事に気を使い、栄養バランスをしっかり考えながらも、
子供栄養補助飲料の活用もありだと思います。







続きを読む
posted by アルギニン食べ物 at 19:54 | アルギニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

アルギニンを含む食べ物〜成長期の子供が食べやすい食材

アルギニンはアミノ酸の一つで、
成長ホルモンの分泌を促してくれる効果が期待できるので、
成長期の子供にとって必要不可欠な物質です。

身長を伸ばしてやりたいと願うならば、
アルギニンを含む食べ物を積極的に取り入れていくことをおすすめします。

アルギニンを含む食べ物の中のアルギニンの量が多いとされているのは、
多いもので6700r〜およそ2500rくらいです。

だけどそれも限られた食べ物で、
好き嫌いやそればっかりの献立っていうわけにもいきません。

そこでアルギニンを含む量が1000r〜800r含まれている食べ物を調べてみると、
比較的子供でも食べやすい食材が多く、
上手に献立を考えバランスよく摂取することで、
毎日アルギニンを体内に取り入れることができると思います。


アルギニンを含む食べ物
〜成長期の子供が食べやすい食材まとめ


パン類
ライ麦 320mg
フランスパン  330mg




☆献立アドバイス☆
朝食がパン派ならばライ麦パンがおすすめ!
フランスパンもシチューなどの夕飯の時に、
ごはん替わりに食べるといいかもしれません。



麺類
うどんやラーメン類は乾麺そのままだと、
350g〜210gほどアルギニンは含まれていますが、
ゆでると110g〜180gと半分になってしまいます。

その点そばは、生めんに520g含まれていて、
ゆでると250gと半分になるけど、
うどんやラーメンよりは、
アルギニンが多く含まれている食べ物となります。



豆腐&豆類
木綿豆腐560mg
絹ごし豆腐420mg
油揚げ(焼き)
油揚げ(ゆで)
2100mg
1100mg
納豆950mg

☆献立アドバイス☆
ほとんど調理しなくても済むお豆腐ならば、
簡単に食卓に出すことができますよね。
お鍋にももちろん、冷奴やマーボー豆腐も子供が好きな献立です。

お味噌汁に、お豆腐と油揚げ一緒に入れてもいいですし、
毎朝納豆も朝食で摂取すればそれだけで十分です。

油揚げにはたくさんアルギニンが含まれている食べ物なので、
油抜きして煮物やいなりずしもおすすめ。



野菜類はアルギニンがあまり含まれていない食材が多いです。

例えば、アスパラ油いため→130mg
キャベツ生→68mg
キャベツ炒め→82mg
大根20mg

とアルギニン含有量は少ないです。

そんな野菜類の中でも多いのはこちら。

枝豆(ゆで)830mg
ブロッコリー(ゆで)210mg
パセリ200mg

☆献立アドバイス☆
枝豆やブロッコリーはお弁当にも入れていけます。
サラダにもおすすめ。
パセリは苦味がありますが、
刻むとシチューやグラタンなど上にのせたりできます。

アルギニンを多く含む枝豆は、小さいお子さんなら、
面倒だけど一つ一つ取り出して、
かわいい楊枝などに突き刺しておけば見た目からでも、
食べやすいです。



魚やエビ類

あじ開き干し
1500mg
しらす850mg
かつお缶フレーク油漬け1000mg
サバフライ
塩さば
1100mg
1500mg
さんま皮つき焼き
1500mg
ししゃも1500mg
ぶり焼き1500mg
ブラックタイガー1700mg
するめ4700mg

☆献立アドバス☆
しらすはご飯の上にのせてしらす丼がおすすめ。
缶フレークは1000gとアルギニンが多いので、
サンドイッチやおむすびの具材として使うといいかもしれません。

ブラックタイガーのエビフライは子供はきっと大好物。
またするめはアルギニンが多く含まれている食材。
お酒のおつまみのイメージがありますが、
煮るとやわらくなるので、
つくだ煮みたいにしてご飯のお供におすすめ。


肉類
牛肉ひき肉焼き1700mg
豚ロースとんかつ1400mg
豚ヒレ焼き
豚ヒレとんかつ
2500mg
1500mg

☆献立アドバイス☆
牛肉ひき肉焼きということはハンバーグ、そぼろ丼など、
食べやすく子供が好きな献立ベスト10のメニューですよね。

また成長期の子供は揚げ物がすき。
豚ロースのとんかつやカツ丼、
豚ヒレ焼きはバター焼きソテーなどがおすすめ。

肉類加工品
ウィンナーソーセージ850mg
フランクフルト810mg
ボロニアソーセージ820mg

☆献立アドバイス☆
ソーセージは子供の大好物ですよね。
炒めてもよし、ポトフやおでんにいれてもよし。
ボロニアソーセージは炒めてマフィンに挟んで食べるとおいしいですよ。

フランクフルトはウィンナーにホットケーキの元を付けて揚げると手作りできます。
ちなみにホットケーキの粉にはアルギニンが320mg含まれてる食材の一つ。


乳製品

子供の身長を伸ばすなら牛乳を飲みなさい!とよく耳にしますが、
カルシウムは多く含まれていますが、
アルギニンを含む食材、食べ物の中でもかなり少なく110mgです。
ヨーグルトも無脂肪無糖で150mgです。

チーズの方がアルギニンが多く含まれていて、
カマンベール680mg
パルメザン粉末
1800mg
プロセスチーズ820mg

となってます。

☆献立アドバイス☆
パルメザン粉末はスパゲティーにかけたり、
グラタンの上に振りかけて焼くとパリパリこんがりで美味しいです。
カマンベールやプロセスチーズはおやつとしてもおすすめ。



アルギニンを含む食べ物の多くは、
子供にはあんまりなじみのない食材も多いです。

食材を少なくし、アルギニン含有量の多いものを食べるのも、
それはそれでいいのですが、
ある程度の量を含んだ食べ物でも、
こうやって成長期の子供の栄養がバランスよく摂取できる食材があります。

上手に普段の食事で工夫しながら、献立を考えるといいでしょう。

ただアルギニンだけを摂取すれば身長が伸びるというわけでないので、
しっかりとした睡眠や栄養の偏りがないようにしないといけません。

また最近ではアルギニンサプリメントも人気です。

ここで紹介したアルギニンをある程度含んだ食べ物や食材を摂取しながら、
足りない分を補う子供用の栄養補助ドリンクもあります。

普段の食事と同時に、
サプリメントや栄養ドリンクを併用することで、
よりアルギニンを摂取できますし、
子供の成長や身長を伸ばす効果が期待できます。


posted by アルギニン食べ物 at 18:57 | アルギニンを含む食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月07日

成長期の子供におすすめ!アルギニン入りサプリメント

成長期の子供を持つ親としては、
しっかり食べて、体を動かし、健康的で、
いろんなスポーツで活躍して、
すくすく成長してほしいです。
家族の健康

そして健康で元気でいてくれることが何よりうれしい事ですもんね。

でもね、成長期だからこその子供の悩み、

周りの子供と比べて身長が低いかも?
スポーツをがんばっているので、身長を伸ばしてやりたい。
好き嫌いが激しくって、栄養の偏りが気になる。
今の食生活で栄養はしっかり摂れてるのかな?

と、気になります。

そんな好き嫌いの多い、偏食の成長期の子供におすすめなのが、
1日1杯で栄養補給ができる、
アルギニン入りサプリメントの栄養ドリンク【アスミール】

成長期の子供に飲ませたい口コミランキングでも人気の栄養ドリンクです。


アルギニンサプリメントアスミール
【栄養飲料・アスミール】


普段の食事では、栄養バランスを考えて工夫した献立でも、好き嫌いがあったりしてすべての栄養素を補うことは難しいです。

それにどうしても不足しがちなミネラルやカルシウム。

子供の1日の必要な栄養素を摂取しようと思えば、実はこれだけの食品が必要なんです!

子供が必要な栄養素
(アスミール公式HPより抜粋)

こんな量、なかなか1日で食べきれませんよね。

でもアスミールならたった1杯でこの1日の必要な栄養素の80%が摂取できるのです。


そのほかにも鉄や亜鉛、ビタミンもバランスよく配合されているので成長期に必要な栄養素がぎっしり詰まっています。

特にアルギニンは、子供の成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、健康的な体作りだけでなく、成長期の子供の身長を伸ばす効果も期待できます。

亜鉛は、成長ホルモンの元であるたんぱく質の合成を助け、成長ホルモンが作られ、分泌するときに働く酵素を活性化する働きがあります。ですが子供が好きなスナック菓子、ファーストフードなどが多いと亜鉛は体外に排出されてしまうので、必須の栄養素です。

またカルシウムも骨の成長には欠かせない栄養素ですが、亜鉛同様、スナック菓子などを食べすぎるとその中に含まれるリンとくっつき、体から排出されてしまい、体に吸収されません。

アスミールには3種類の天然サンゴ素材のドロマイド(マグネシウムとkカルシウムが配合2:1のベストバランス)、天然の魚の骨を焼いて作られた魚骨焼成カルシウム、豊富な植物性ミネラルが入ったゴマカルシウムが入っており、成長期の子供の成長にとって必要なカルシウムが効率よく吸収されます。

これだけの栄養素を普段の食事で摂取しようと思えば、
このアルギニンを多く含む食べ物や栄養バランスを考えた食事では、
なかなか補うことは難しいです。

ビタミンも豊富に配合されているので、これは成長期の子供にはもってこいの栄養ドリンクですよね。

栄養ミネラルビタミン

また、子供のための栄養機能食品ですので、安全面でも徹底的にこだわっています。

原材料もすべて国内製造ですし、
合成保存料、合成甘味料、合成着色料も使用していません。
国内工場で製造し、放射能検査済みなので、
安心して飲めます。

飲み方は牛乳に混ぜるだけ。
ココア味なので、子供にも美味しいと評判です。

アスミールの飲み方

冷たいアイスで飲む場合、
・アスミールもすりきりスプーン2杯をシェイカーに入れ、冷たい牛乳100tを加えよく振ります。
(定期コース申し込みでシェイカー付き)

シリアルにかけて食べ飲みすると、朝食の1品にもなりそうでいいですよね。

お値段は、1日当たり68.3円とお財布にもやさしく、野菜ジューズを飲むよりも安く栄養もたっぷり摂れます。
(定期コースで申し込んだ場合初回1か月目は通常価格の半額2050円の送料無料。その後は1袋10%割引3686円で、@122.8円となりますが、それでも安いですよね。)

続けて飲めるか不安って方にもや、まず試しに飲んでみたいって方には、通常価格4012円に送料がかかりますが、1袋からでも購入できます。

実際に飲まれた方の口コミには、

・牛乳嫌いでもココア味で飲みやすい。
・飲み始めて半年くらいで体つきが変わってきた気がする。
・手軽に栄養が摂れていい。
・スポーツでも活躍するようになった。

と人気です。

成長期の子供の身長の伸び悩みや好き嫌いでの栄養の偏りが気になるママにおすすめです。

◆成長期の子供の栄養補給に!アスミール

◎アルギニン食べ物トップページへ
posted by アルギニン食べ物 at 21:34 | アルギニンサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月04日

成長期に伸び悩む子供の身長を伸ばす方法

親としては子供の成長過程として、
見守ってやりたい反面、
ちょっと気になる成長期の身長の伸び悩み。

また個人差や遺伝もありますので、
小学生の低学年から身長が伸びる子供もいれば、
中学生になってからぐんぐん伸びる子だっているし、
高校生や大学生になっても、
身長が伸びてる人だっています。
子供の身長を伸ばす

子供が成長していく時期が来れば、
自然とおおきくなっていってくれるのは、
わかっていても、

周りの子に比べて身長が低いかもしれない。
スポーツを頑張っているので、身長を伸ばしてあげたい。

と願う親心。

だからこそ、普段の食事で、
しっかりバランスよく栄養をとるサポートも必要ですが、
実は、子供の成長に大事なのは、
成長ホルモンの分泌が最も重要なのです!

成長ホルモンは、
成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があって、
骨や筋肉の成長に欠かせないものです。

成長ホルモンが分泌されないと、
いくら栄養をとっても、成長を促すことができません。

そんな重要な成長ホルモンの分泌を促進する成分が、
アルギニン、それに加え、ビタミンB6、亜鉛などが効果的。

◆アルギニンを多く含む食べ物はこちら。

成長期の子供のためにと、
バランスよく摂取できるように、
普段の食生活にアルギニンと亜鉛、ビタミンB6を含む食べ物を作ろうと思っても、
好き嫌いがあったり、献立も難しいので、
正直、ちょっと大変ですよね。

そこで子供にも安心して飲めるアスミールという栄養ドリンクがあります!

アスミールには、アルギニン、亜鉛、そしてカルシウムがバランスよく配合されているので、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれます。

◆アスミールの詳しい商品説明はこちら。

また成長ホルモンの分泌の促進はアルギニンや亜鉛が入っている食べ物だけでなく、
睡眠してから2〜3時間後に最も多く分泌されるので、規則正しい睡眠時間をとるように心がけましょう。

子供の睡眠
また、22時から夜中の2時の間に深い眠りにつくことで、
より活発に成長ホルモンが分泌されると言われています。

夜更かしはできるだけ避けた方がいいですね。

成長期の子供の身長を伸ばす方法としては、アルギニン入りの食べ物をバランスよく食べることと、普段の食事で補えない栄養をサプリメントでカバーし、規則正しい睡眠時間をとることが大事です。

◎アルギニン食べ物トップページへ
posted by アルギニン食べ物 at 01:24 | 成長期の気になる子供の身長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする